事業用トラックの種類

お客様の用途に合わせて様々な種類の自動車をご用意いたします。

一般的な貨物を運ぶ事業用トラックの大きさは、積載量により大きく分けて小型トラック、中型トラック、大型トラックの3つに分類されます。
その他に特種な形状・仕様のトラックやトレーラなどがあります。

小・中型トラック 大型トラック トレーラー
小・中型トラック

一般的に積載量が2トン以下のトラックを小型トラックと称します。主な形状は次のとおりです。

冷凍冷蔵車

冷凍・冷蔵装置が付いて、荷台が冷凍庫や冷蔵庫のようになるトラックです。冷凍食品を運んだり、生鮮食品を新鮮なまま運ぶことができます。

保冷車

外気の影響を受けにくいように、荷台に断熱加工がされているトラックです。冷たい荷物の温度上昇を抑えることはできますが、冷凍冷蔵車の様に冷やすことはできません。

大型トラック

一般的に積載量が4トンクラスのトラックを中型トラックと称します。トラックの荷台の形や装備によってトラック1台ごとの積載量に大きな開きがあります。主な形状は次のとおりです。

平ボディ

荷台がフラット型の汎用的なトラックです。荷台が軽いため、おおむね積載量を4トン以上確保することができます。屋根が無い分、貨物の積卸しが容易です。(クレーン付きを除く)

ウィングボディ

荷物の積卸しがしやすいように、バンボディの両側が開くトラックです。開いたときに鳥の翼を広げたような形になるのでこう呼ばれています。

トレーラー

一般的に積載量が10トンクラスのトラックを大型トラックと称します。トラックの荷台の形や装備によってトラック1台ごとの積載量に大きな開きがあります。主な形状は次のとおりです。

平ボディ

荷台がフラット型の汎用的なトラックです。11~15トンの最大積載量が確保できます。

ウィングボディ

荷物の積卸しがしやすいように、バンボディの両側が開くトラックです。開いたときに鳥の翼を広げたような形になるのでこう呼ばれています。